暮らしを便利に

掃除する作業員

シャッターを電動化する人が多い

現在の住宅は防犯意識の高まりから、安全面を考慮した設備や製品が多くなっている状況です。住宅の防犯を高める上でもっとも重要な事が、住宅の開口部の防犯を高める事になるのです。ですから窓やガレージの扉などの防犯性を高める事が大切で、現在の住宅にはシャッターがほとんど取り付けられているのです。とはいえ手動シャッターというのは開閉が重く、毎日の作業となると大変な労力になってしまうのです。また手動シャッターは開閉時に音が大きい事が多く、朝や夜にシャッターの開閉をする事で近所迷惑になってしまい、トラブルになる事も多いのです。そういった事からいざ取り付けてみたものの、使用していないケースも多く無意味な設備となっている人もいるのです。

リモコンひとつで開閉可能

そういった場合に必要になってくるのが、シャッターの電動化なのです。お金持ちの家に行くとほぼ電動化されたシャッターがついていますが、メリットがあればこそ取り付いている設備なのです。ここでは電動化させる事で、どんなメリットがあるか紹介していきます。メリットとして一番大きいのが、開閉時に力がいらないという事なのです。特に一戸建て住宅などで窓の数が多ければ、全ての窓のシャッターの開閉を手動でおこなおう場合とても疲れるのです。 その点、電動化されていればリモコンひとつで全て完了させる事ができるのです。また窓を開けずにシャッターの開閉ができるため、夏や冬などの窓を開けたくない場合などに役に立つのです。それ以外にも電動化する事で音が静かになるため、近隣住民とトラブルになる心配がないのです。