お得な導入

壁の塗装

太陽光発電の価格は限界

太陽光発電の価格平均は年度ごとに変動があります。2015年度で見てみると、1kwあたり30万円前後となっています。一般家庭に導入するシステムは3〜4kwが平均ですので、太陽光発電の価格は90万円〜120万円前後となるでしょう。もちろん、この平均価格はあくまでも目安ですので、設置条件が新築か既築か、どの施行業者に依頼するのか、どのようなシステムを導入するかでも変わります。ただ、太陽光発電が導入し始められた初期に比べると価格はかなり安くなっており、システムの技術も行きつくところまで来ているので今が太陽光発電の価格限界とも言われています。よって、太陽光発電を購入するなら今が最適な時期と言えるでしょう。

費用を削減できる方法

太陽光発電の価格下落は限界なので、これ以上の価格下がりは期待できません。そこで買い時としては今ですが、それでもまだ安く導入する方法はないのか気になるところです。太陽光発電の導入にあたりチェックしたいのが補助金制度と売電制度です。補助金制度は国と各自治体が出す助成金です。国からの補助金は一律ですが、自治体からの補助金は各地域で異なるのでチェックしてみましょう。売電制度は発電して余った電気を電力会社が買取るシステムです。この売電制度では契約すると、契約した年から10年間は一定金額で電気を買い取ってもらうことができます。年々買取金額が下がってきているため、早めの契約をすることで高値で売ることができるでしょう。